タフを用いたメニュー


バリでよく見かける食材に、「タフ」があります。これは、日本でいえば揚げ豆腐、厚揚げみたいなものです。

では、日本の材料で誰でも簡単にできるインドネシア料理のレシピをご紹介します。

是非、皆さんの食卓にバリの香りを漂わせてください。それだけで、気分はバリになるかも?

★「タフ・テロール」
「タフ」に卵を組み合わせた優しい、甘い味付けです。ケチャップマニスというインドネシヤ独特の甘くてどろっとしたおしょうゆを使います。

◆材料(4人分)
・厚揚げ(タフの代用)・・・2枚
・卵・・・4個
・塩・・・小さじ1/2
・油・・・大さじ2

*ソース
・ピーナッツ・・・100g
・ニンニク・・・3片
・小唐辛子・・・5本(鷹の爪など辛さがきつい唐辛子。なければ普通の赤唐辛子で代用)
・赤唐辛子・・・2本
・黒シュリンプペースト・・・大さじ2(小エビの香りが強いペーストです。通販などで入手できますが、普通のエビをペースト状に叩いて作っても結構です。)
・ケチャップマニス・・・大さじ2(甘いどろっとしたおしょうゆです。無ければ家にあるお醤油で。)
・湯・・・100cc

◆作り方
1.まずソースを先に作っておきます。
ピーナツ、ニンニク、小唐辛子、赤唐辛子をフードカッターにかける。

2.シュリンプペースト、ケチャップマニス、湯を加えてよく混ぜる。

3.タフ・テロールを作ります。
厚揚げは熱湯をかけて油抜きをする。ざるにあげて水気を切り、冷めてからスライスする。

4.ボールに卵を割り、塩を加えてよく混ぜる。

5.3の厚揚げを4に入れてよく卵を絡ませる。

6.フライパンに油をしいて熱し、5の厚揚げをこんがりと焼く。一度に全部焼くよりも、2回くらいに分けて焼くときれいに焼けます。

7.お皿にタフ・テロールを盛り付け、ソースをかければ完成です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。