バリ島の概要と交通


「インドネシア」の意味は「インドの島々」です。インドネシアは東南アジアの南東部に位置しています。インドネシヤは大小1万3000を超える島々から成る世界でも特殊な地形の国です。

総面積は日本の約5倍もあり、面積が大きい島ほうから紹介すると、ジャワ、スマトラ、カリマンタン、スラウェシ、イリアン=ジャヤなどとなります。

主な島々はほとんどが赤道直下に散在していますので、ほぼ全域が熱帯気候で、高温多湿です。そういったことから各地で水耕栽培が行われています。

スマトラ島のゴム栽培は大変有名で、世界的にも有数の天然ゴムの生産国です。またコブラ、香料など農産物の生産も盛んに行われています。

地下資源にも恵まれており、とりわけ石油はこの国の最も重要な輸出品となっています。

インドネシヤ全体では、13000の島がありますが、この中で人が住んでいる島は400程度です。

ジャワ島には首都ジャカルタがあります。このジャワ島の東隣の小さな島がバリ島です。小さな島とはいえ、二期作、三期作が可能なことから食糧供給が豊かであり、各種の観光資源にも恵まれているうえ、芸能なども盛んな魅力ある島です。

東京とインドネシアのジャカルタの間には、飛行機の直行便が就航しています。また、クアラルンプールを経由する便もあります。

ジャカルタへの直行便は、約7時間15分の所要時間です。なかでもバリ島へは、東京、名古屋、大阪、福岡からも直行便が出ており、日本人観光客がバリ島好きで、観光客の中でも一番多いのは日本人という状況もうなずけます。

日本とインドネシヤとの時差は東部、中央、西部で違いがあります。日本と東部の時差はありません。

バリ島は中央部にあたり、日本の1時間おくれです。西部は2時間おくれとなります。

中央部のバリでは日本が正午のときに午前11時という計算になります。そのため旅行しても身体にほとんど負担なく現地に着くことができます。このことも人気の理由のひとつです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。