バリ島の調味料


インドネシアの代表的な調味料といえば「トラシ」と「サンバルソース」です。インドネシアは、ジャワなどの大きな島、バリなどの小さな島など、その13000あまりの大小の島々の大半が赤道直下に位置することから、熱帯性気候で1年中気温が高いのです。そのために保存のためもあり、また暑い中での食欲増進ということもあるので、ピリカラな調味料が主となります。

「トラシ」は、エビを発酵させてペースト状にした調味料で、日本でいえば海老の塩辛といった感じです。エビの独特な風味が凝縮されているため、始めこそは匂いが気になるかもしれませんが、癖がある分、病み付きになるとこれがなくてはいけないというほど食事に欠かせないものとなります。ミー(そば)、ナシ・ゴレン(チャーハン)など、ちょっとした風味付けで、アクセントがつきますから食欲をそそります。

また、「サンバルソース」は、唐辛子を主とするまさにピリカラな調味料です。ひとこと辛い、本当にかなり辛いです。辛いもの好きの人にはたまらない調味料だといえます。バリへ行ったら大衆食堂で隣のテーブルの人の様子を見ていてください。そんなにかけて大丈夫?といいたくなるほど、大量にサンバルを使っている人をみかけます。この辛さもはまるタイプの調味料といえるでしょう。

サンバルは特別な材料が使われているわけではありませんし、また家庭ごとにそれぞれの味があるのです。ですから厳密にこれというレシピはありません。お試しに作ってもみてはどうですか。

サンバル

◆材料
唐辛子ペースト ・・・大さじ4
シュリンプペースト・・・小さじ1と1/2
ライムの汁・・・1個分

◆作り方
混ぜるだけ!
*シュリンプペーストは少しつぶす感じでスプーンの背で滑らかにしながらお湯を少し加えると唐辛子やライムとよくなじみます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。