マハーバーラタの東南アジアにおける受容


インドの古代叙事詩である「マハーバーラタ」と「ラーマーヤナ」は、インドネシアにおいて芸能などに取り入れられ、親しまれています。

「マハーバーラタ」は、王族間の争いの物語です。それはバーンダヴァ王家とカウラヴァ王家で2つの王家は同属でした。これにさまざまな伝承やヒンズー教の説話、詩などが加えられています。

この物語は世界の始まりからはじまります。物語の登場人物が誰かに教訓を語り、諭す物語や教典などが語られるという構成は、有名な千夜一夜物語と似ています。ただし、カウラヴァ王家とバーンダヴァ王家の争い自体が軸となって語られる物語であること、また物語の登場人物が自ら語るという点が異なっています。

バリ島の影絵芝居ワヤン・クリットにおいては、「マハーバーラタ」も「ラーマーヤナ」も同じくらい芝居の題材に用いられていますが、東南アジアではどちらかというと「ラーマーヤナ」のほうが親しまれています。

その理由は、「マハーバーラタ」は王家の争いを軸として物語が語られていますが、周辺国の諸民族であるドラヴィダ人を野蛮人として扱い、バーラタ族、すなわちインド人の、バラモン(僧侶・聖職者)、クシャトリア(王族・武家)階級の正当性を特別に強調したことから東南アジア一般にはあまり受け入れらなかったからです。

その一方で、「ラーマーヤナ」が王権を強調する英雄叙事詩であることから、民衆から支配階級にいたるまで幅広く親しまれ、したがってバリの伝統芸能のなかでも、「ケチャ」というものは「ラーマーヤナ」を主題としています。
それはバリ舞踊「ケチャ」は「ラーマーヤナ」から題材をとった猿たちが王子を助けるという物語と舞踊とが結びついて現在のような形となったのです。

しかし、同じくバリの伝統芸能であるワヤン・クリット(影絵芝居)では、「ラーマーヤナ」と「マハーバーラタ」はほとんど同じくらいの頻度で用いられています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。