覚えたい料理言葉


どこの国へ旅行に行くにしても、まず覚えておくことで旅がぐんと楽しくなる言葉は、挨拶の「おはよう」「ありがとう」「こんにちは」ですね。このほかに、料理のメニューがあります。インドネシア語で「食べる」は「マカン」といいます。バリ島についたら早速、腹ごしらえしましょう。一般の人たちが食べている食堂に行って、気軽に使ってみたい料理の言葉を挙げてみます。是非、チャレンジしてみてください。

たとえば・・・バリ島に限らず、インドネシアの料理といえば「ナシ・ゴレン」です。これはチャーハンのことです。ナシとは素材の「ご飯」、ゴレンとは調理法の「揚げる」を意味します。揚げたご飯となりますが、要するに油で炒めたご飯ということになるでしょうか。食材名とその調理法をつなげればたいてい通じてしまいます。

調理法:
・ゴレン・・・揚げる
・レブス・・・ゆでる
・ククス・・・蒸す
・バンガン・・・焼く
・トゥミス・・・炒める

味付け:
・マニス・・・甘い
・ペダス・・・辛い
・アサム・・・すっぱい
・アシン・・・塩辛い

食材:
・ナシ・・・ご飯
・ミー・・・そば
・アヤム・・・鶏
・イカン・・・魚
・サビ・・・牛
・サユル・・・野菜
・トロール・・・卵

そのほか、食べた後に「エナック!」(おいしい!)と一言口に出してみてください。そしてにっこりすればすぐに親しみのある笑顔が返ってきますよ。
インドネシアでは日本と同様、家族や友人同士で食事の時間をともにすることを非常に大切にします。ナイフやフォークの使い方、といった食事のマナーはさほど気にしなくても大丈夫なのです。
肩肘を張らずに楽しく時間をともにする気持ちで地元の人たちの食事風景に加わってもみてはどうでしょう?
ほんの少しだけ衛生的に心配な面もありますが、せっかくその土地に行ったのならその土地の作法で食事を楽しむと旅の楽しさは倍増するものです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。