覚えたい料理言葉


どこの国へ旅行に行くにしても、まず覚えておくことで旅がぐんと楽しくなる言葉は、挨拶の「おはよう」「ありがとう」「こんにちは」ですね。このほかに、料理のメニューがあります。インドネシア語で「食べる」は「マカン」といいます。バリ島についたら早速、腹ごしらえしましょう。一般の人たちが食べている食堂に行って、気軽に使ってみたい料理の言葉を挙げてみます。是非、チャレンジしてみてください。

たとえば・・・バリ島に限らず、インドネシアの料理といえば「ナシ・ゴレン」です。これはチャーハンのことです。ナシとは素材の「ご飯」、ゴレンとは調理法の「揚げる」を意味します。揚げたご飯となりますが、要するに油で炒めたご飯ということになるでしょうか。食材名とその調理法をつなげればたいてい通じてしまいます。

調理法:
・ゴレン・・・揚げる
・レブス・・・ゆでる
・ククス・・・蒸す
・バンガン・・・焼く
・トゥミス・・・炒める

味付け:
・マニス・・・甘い
・ペダス・・・辛い
・アサム・・・すっぱい
・アシン・・・塩辛い

食材:
・ナシ・・・ご飯
・ミー・・・そば
・アヤム・・・鶏
・イカン・・・魚
・サビ・・・牛
・サユル・・・野菜
・トロール・・・卵

そのほか、食べた後に「エナック!」(おいしい!)と一言口に出してみてください。そしてにっこりすればすぐに親しみのある笑顔が返ってきますよ。
インドネシアでは日本と同様、家族や友人同士で食事の時間をともにすることを非常に大切にします。ナイフやフォークの使い方、といった食事のマナーはさほど気にしなくても大丈夫なのです。
肩肘を張らずに楽しく時間をともにする気持ちで地元の人たちの食事風景に加わってもみてはどうでしょう?
ほんの少しだけ衛生的に心配な面もありますが、せっかくその土地に行ったのならその土地の作法で食事を楽しむと旅の楽しさは倍増するものです。

バリ島の調味料


インドネシアの代表的な調味料といえば「トラシ」と「サンバルソース」です。インドネシアは、ジャワなどの大きな島、バリなどの小さな島など、その13000あまりの大小の島々の大半が赤道直下に位置することから、熱帯性気候で1年中気温が高いのです。そのために保存のためもあり、また暑い中での食欲増進ということもあるので、ピリカラな調味料が主となります。

「トラシ」は、エビを発酵させてペースト状にした調味料で、日本でいえば海老の塩辛といった感じです。エビの独特な風味が凝縮されているため、始めこそは匂いが気になるかもしれませんが、癖がある分、病み付きになるとこれがなくてはいけないというほど食事に欠かせないものとなります。ミー(そば)、ナシ・ゴレン(チャーハン)など、ちょっとした風味付けで、アクセントがつきますから食欲をそそります。

また、「サンバルソース」は、唐辛子を主とするまさにピリカラな調味料です。ひとこと辛い、本当にかなり辛いです。辛いもの好きの人にはたまらない調味料だといえます。バリへ行ったら大衆食堂で隣のテーブルの人の様子を見ていてください。そんなにかけて大丈夫?といいたくなるほど、大量にサンバルを使っている人をみかけます。この辛さもはまるタイプの調味料といえるでしょう。

サンバルは特別な材料が使われているわけではありませんし、また家庭ごとにそれぞれの味があるのです。ですから厳密にこれというレシピはありません。お試しに作ってもみてはどうですか。

サンバル

◆材料
唐辛子ペースト ・・・大さじ4
シュリンプペースト・・・小さじ1と1/2
ライムの汁・・・1個分

◆作り方
混ぜるだけ!
*シュリンプペーストは少しつぶす感じでスプーンの背で滑らかにしながらお湯を少し加えると唐辛子やライムとよくなじみます。

ナシ・ゴレンのレシピ


インドネシア料理といえば、なんといっても「ナシ・ゴレン」ですね。それを思い浮かべる人が多いかもしれませんね。

「ナシゴレン」の「ナシ」はご飯という意味です。それを「ゴレン」つまり揚げるという調理法です。ご飯を上げるというインドネシア語の料理名です。インドネシアでは食材と調理法をつなげると、その料理名になることが多くあります。けっこう理解しやすいかもしれません。

バリ島を訪れた方のなかには、この「ナシ・ゴレン」を食べた人も多いと思います。簡単に言えばチャーハンです。現地バリ島では「サンバル」というピリカラの唐辛子主体の調味料をたっぷりと利かせますが、日本で調理するときにはお好みで調節し、食べやすくアレンジしてみてはどうでしょう。

それでは「ナシゴレン」の簡単なレシピをご紹介します。

◆材料(2人分)
・ムキエビ・・・8尾
・玉ネギ・・・1/2個
・鶏肉・・・50g
・ニンニク・・・1片
・長ネギ・・・50g
・卵・・・2個
・ご飯(冷ごはん)・・・400g
*調味料
・サンバル・・・小さじ1(作り方は下記参照)
・サラダオイル・・・大さじ2
・しょうゆ・・・大さじ1
・こしょう・・・少々
・料理酒・・・大さじ1
・うまみ調味料・・・少々
*トッピング
・卵(目だま焼き)・・・一人1個
・トマトスライス・・・一人1枚

◆作り方
1.エビは背わたをとって塩と酒を振っておきます。
2.熱したフライパンに油をさっと敷いて、細かく刻んだ玉ネギ、ニンニクを入れていい香りがでるまで炒めます。
3.鶏肉、エビを2に加えて炒めます。全体に火が通ったところで溶き卵を加える。
4.ご飯を加えて、ご飯がぱらぱらになるようによく炒める。そして調味料を入れて味を調えます。このときのご飯は冷ご飯のほうがおいしい。
5.サンバルが手に入れば、是非、加えてください!とてもバリ風の風味が増します。
6.最後にトッピングの目玉焼きとトマトのスライスを載せてできあがり!
*サンバルは、唐辛子ペースト(大さじ4)、シュリンプペースト(小さじ1と1/2)、ライムの汁(1個分)を混ぜるだけです。少々のお湯を加えながらシュリンプペーストを伸ばしていくと馴染みやすいです。

タフを用いたメニュー


バリでよく見かける食材に、「タフ」があります。これは、日本でいえば揚げ豆腐、厚揚げみたいなものです。

では、日本の材料で誰でも簡単にできるインドネシア料理のレシピをご紹介します。

是非、皆さんの食卓にバリの香りを漂わせてください。それだけで、気分はバリになるかも?

★「タフ・テロール」
「タフ」に卵を組み合わせた優しい、甘い味付けです。ケチャップマニスというインドネシヤ独特の甘くてどろっとしたおしょうゆを使います。

◆材料(4人分)
・厚揚げ(タフの代用)・・・2枚
・卵・・・4個
・塩・・・小さじ1/2
・油・・・大さじ2

*ソース
・ピーナッツ・・・100g
・ニンニク・・・3片
・小唐辛子・・・5本(鷹の爪など辛さがきつい唐辛子。なければ普通の赤唐辛子で代用)
・赤唐辛子・・・2本
・黒シュリンプペースト・・・大さじ2(小エビの香りが強いペーストです。通販などで入手できますが、普通のエビをペースト状に叩いて作っても結構です。)
・ケチャップマニス・・・大さじ2(甘いどろっとしたおしょうゆです。無ければ家にあるお醤油で。)
・湯・・・100cc

◆作り方
1.まずソースを先に作っておきます。
ピーナツ、ニンニク、小唐辛子、赤唐辛子をフードカッターにかける。

2.シュリンプペースト、ケチャップマニス、湯を加えてよく混ぜる。

3.タフ・テロールを作ります。
厚揚げは熱湯をかけて油抜きをする。ざるにあげて水気を切り、冷めてからスライスする。

4.ボールに卵を割り、塩を加えてよく混ぜる。

5.3の厚揚げを4に入れてよく卵を絡ませる。

6.フライパンに油をしいて熱し、5の厚揚げをこんがりと焼く。一度に全部焼くよりも、2回くらいに分けて焼くときれいに焼けます。

7.お皿にタフ・テロールを盛り付け、ソースをかければ完成です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。