マハーバーラタの東南アジアにおける受容


インドの古代叙事詩である「マハーバーラタ」と「ラーマーヤナ」は、インドネシアにおいて芸能などに取り入れられ、親しまれています。

「マハーバーラタ」は、王族間の争いの物語です。それはバーンダヴァ王家とカウラヴァ王家で2つの王家は同属でした。これにさまざまな伝承やヒンズー教の説話、詩などが加えられています。

この物語は世界の始まりからはじまります。物語の登場人物が誰かに教訓を語り、諭す物語や教典などが語られるという構成は、有名な千夜一夜物語と似ています。ただし、カウラヴァ王家とバーンダヴァ王家の争い自体が軸となって語られる物語であること、また物語の登場人物が自ら語るという点が異なっています。

バリ島の影絵芝居ワヤン・クリットにおいては、「マハーバーラタ」も「ラーマーヤナ」も同じくらい芝居の題材に用いられていますが、東南アジアではどちらかというと「ラーマーヤナ」のほうが親しまれています。

その理由は、「マハーバーラタ」は王家の争いを軸として物語が語られていますが、周辺国の諸民族であるドラヴィダ人を野蛮人として扱い、バーラタ族、すなわちインド人の、バラモン(僧侶・聖職者)、クシャトリア(王族・武家)階級の正当性を特別に強調したことから東南アジア一般にはあまり受け入れらなかったからです。

その一方で、「ラーマーヤナ」が王権を強調する英雄叙事詩であることから、民衆から支配階級にいたるまで幅広く親しまれ、したがってバリの伝統芸能のなかでも、「ケチャ」というものは「ラーマーヤナ」を主題としています。
それはバリ舞踊「ケチャ」は「ラーマーヤナ」から題材をとった猿たちが王子を助けるという物語と舞踊とが結びついて現在のような形となったのです。

しかし、同じくバリの伝統芸能であるワヤン・クリット(影絵芝居)では、「ラーマーヤナ」と「マハーバーラタ」はほとんど同じくらいの頻度で用いられています。

ラーマーヤナ「ラーマ王行状記」


「ラーマーヤナ」は、「ラーマ王行状記」という意味です。ヒンズー教の神話と古代英雄であるコーサラ国のラーマ王子に関する伝説をまとめたものです。

「ラーマ王行状記」で活躍する人物は、すべてクシャトリアという階級の人々です。クシャトリアというのは、古代インドのバラモン教における四姓制度の第2位に位置する王族・武家階級を意味します。

バラモン教の四姓制度では、第1位は「バラモン」聖職者・僧侶階級、第3位は「ヴァイシャ」庶民、第4位は「シュードラ」隷民です。

ラーマーヤナでクシャトリアが活躍するというのは、当時のクシャトリア階級の勢力を増していたことを反映しています。詩人ヴァールミーキーの作とされていますが、実際には紀元前3世紀ごろに多くの民間伝承を彼が編纂したものともいわれています。

ラーマーヤナは、数多くの絵画、彫刻、建築、演劇、音楽などの題材とされています。そしてインドはもとより東南アジア一円に広く浸透しています。

バリ舞踊の「ケチャ」は、本来が悪霊を追い払う呪術的性格の強い合唱の意味がありました。しかし「ラーマーヤナ」の中から題材をとった、猿たちが王子を助けるという物語と舞踊とが結びついて現在のような形になったとされています。

この「ラーマーヤナ」は、バリやジャワ島の伝統的な影絵芝居ワヤン・クリットでも主題として取り上げられています。

日本においては、宮崎駿監督の「天空の城ラピュタ」の主題となっている「空中に浮かぶ島」のモチーフは、宮崎監督がインドとの合作で、企画段階で参加していた「ラーマーヤナ」のイメージを反映しているといいます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。