バリ流食事マナー


バリ島を楽しむためには、バリ島の習慣に従うというのもひとつの方法です。
バリの日常生活には、イスラム教やヒンズー教の教えが深く習慣として根付いているのです。それは食事のマナーにも大きく影響しています。

バリ島を訪れた際に注意しなければならないことに左手の扱い方があります。日本ではまったくそんなことは気にしていませんが、バリでは左手は「不浄の手」という考え方があるのです。
ですから握手のときに左手を出してはいけません。また、左手で小さな子どもの頭をなぜたりすることは絶対にしてはダメなのです。それと食事のときも、食べ物は左手で持つことは避けましょう。

インドネシア料理の食べ方は、フランス料理のようにナイフやフォークをきちんと使うとか、堅苦しい作法があるというような肩肘をはる必要はありません。基本的にはフォークとスプーンをつかったり、ときには食べ物をダイレクトに手を使って食べます。あまり深く考えないで、子供のころは手掴みで食べたことがあると思います。気楽に楽しく食べることをすればいいですよ。
ただし、このときも使うのは「右手」ということを忘れずに!

次にフォークとスプーンの使い方ですが、スプーンをナイフ代わりにすること以外は西洋料理の食べ方と同じです。
右手にスプーン、左手にフォークです。料理はスプーンで切って。フォークの背に乗せて口に運びます。結構面倒なので、手で食べてみてください。きっとインドネシアの料理は 手で(右手)食べると本当においしい!!と思いますよきっと。

バリ島で食事すると、料理は味覚、臭覚、視覚、そして舌触り・歯ごたえ・・・そしてもうひとつ、手の感触もあったんだな、と素朴な感動を手に入れることができます。 自分の手で食べ物の感触を味わうというような感覚は懐かしいように思います。

あくまで楽しく、いっしょになった人たちとわいわいがやがや楽しく同じ時間を共有するというのが、バリ流の習慣でありマナーかもしれませんね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。